最近の投稿


エルファロール問題_210717b

kaneda 閲覧回数 33

探偵小説では猪首の警部でお馴染み、アイリッシュが毎週集うバーについて経済学者のB.アーサーが提示したモデルのレプリカ版を作成しています。複雑適応系としては最小構成(候補)を目指します。コロナ禍の外出意思決定に味ある含意を探ります。現在、予測モデル6種、各Agtとも単一の予測モデルを初期から固定して用いる版です。テイクバックの50期以降、運がよければ決定論的カオス(異常に長い周期?)がみられます。運試しに。開運!


取りこぼし率試算

kaneda 閲覧回数 35

携帯電話の位置情報データを範囲指定により集計するサービスが増えてきました。しかし集計値の誤差は気になるところです。そのため取りこぼし試算と称してその計算プログラムを作成しました。ORの射爆理論でいうところの方形何割必中界と同じ内容です。sigmaが7.5mの場合、100m四方の範囲指定で取りこぼされる率は11%強で結構大きいです。


鎌倉大仏切通のハイカーと山賊V4

masa045japan 閲覧回数 20

大仏切通の地図データデバッグ用.鎌倉の大仏切通を西側(地図上右下)から多数のハイカーが登りきったところで,多くの山賊が待ち構えている.山賊は逆茂木(さかもぎ)を路上に設置し,逆茂木除去のため停止中のハイカーを襲う.大仏にたどり着けるのは果たして何人か. チュートリアル「第4部:ネットワークのモデルをつくる」のモデルをベースに作成した,鎌倉の大仏切通をハイキングする人々と,山中の盗賊です. チュートリアルはこちら→ https://artisoc-cloud.kke.co.jp/documents/tutorial/tutorial4/tutorial4-1.html


人類繁栄シミュレーション

cifu19035 閲覧回数 144

最初の人類が何人いれば、安全に子孫繁栄することが出来るか


infectionモデルを利用した練習版

hongo 閲覧回数 79

免疫、人流の大きさも含めて、コロナの感染状況をシミュレーションしてみるテスト版

評価の高いモデル


人類繁栄シミュレーション

cifu19035 閲覧回数 144

最初の人類が何人いれば、安全に子孫繁栄することが出来るか


チュートリアル3-3(ライフゲーム)

mas-support 閲覧回数 97

チュートリアル第3部用モデルです。 チュートリアルはこちら→ https://artisoccloud.kke.co.jp/documents/tutorial/tutorial3/tutorial3-1.html


セルオートマトンモデル

mas-support 閲覧回数 256

説明がありセルオートマトン(Cellular Automaton, CA)とは、空間に格子状に敷き詰められた多数のセルが、近隣のセルと相互作用をする中で自らの状態を時間的に変化させていく「自動機械(オートマトン)」です。 詳しくはMASコミュニティをご覧ください → https://mas.kke.co.jp/model/auto_model/


流行伝搬モデル

mas-support 閲覧回数 406

説明がSIRモデルは、感染症の流行についてのモデルですが、噂の伝播や新製品の流行など、 さまざまなものの伝播や流行の社会現象についてのモデルとしても用いることができます。 詳しくはこちら→https://mas.kke.co.jp/model/trend_model/


チュートリアル3-2(同期させた森林火災)

mas-support 閲覧回数 70

チュートリアル第3部用モデルです。 チュートリアルはこちら→ https://artisoccloud.kke.co.jp/documents/tutorial/tutorial3/tutorial3-1.html

Copyright © 2019 KOZO KEIKAKU ENGINEERING, inc.