投稿日順
組織内の実験行動モデル(ゴミ箱モデル)
Miyao, M. 閲覧回数 9 更新日 2024-03-10

ゴミ箱モデルをベースに、組織内で実験が行われる状況をシミュレーションしました。 1) 従業員、アイデア、実験装置、機会の4つのエージェントが空間をランダムに動き回る。 2) 4つが一定範囲内に揃うと実験が行われる。従業員の能力、装置の有効性、アイデアの難しさによって成否が判定される。 3) 実験に失敗すると、従業員のモチベーションが下がる。また、失敗から学習し能力が上がる。変化の度合いを調整できる。 4) 従業員、アイデア、機会の3つが一定範囲内に集まった際、従業員のモチベーションが低いと、そのアイデアを捨ててしまう。

ゴミ箱モデルをベースにした従業員による実験行動のシミュレーション
Miyao, M. 閲覧回数 84 更新日 2023-11-16

ゴミ箱モデルをベースに、組織内で実験が行われる状況をシミュレーションしました。1) 従業員、アイデア、装置、機会が出会えば実験が行われ、実験の成否は従業員の能力と装置の有効性、アイデアの難しさで決まります。2) 装置がなく、従業員、アイデア、機会だけが出会い、その従業員の心理的安全性が低い場合、アイデアは捨てられます。3) 心理的安全性は、失敗した時のサンクションによって低下します。4) 従業員は失敗から学習することもできます。

© 2019 KOZO KEIKAKU ENGINEERING, inc.